HYPOXIA TRAINING

低酸素トレーニングとは

短時間で効率よく手に入れる

高地のような酸素の薄い環境(=低酸素環境)にいるだけで、身体の中(体内)には負荷がかかります。そのため、 通常環境よりも膝や腰への負担を軽減しながら、つまり低い運動強度でも高い効果を得ることができます。

EFFECTS

期待できる3つの効果

ランニングをする人々
1
心肺機能の向上
酸素濃度が低いので呼吸数や排気量を増やして十分な酸素を取り入れようとし
ます。
また、取り込んだ酸素を体内で効率よく運搬しようとします。
このことにより心肺機能が向上します。心肺機能がUPすると長時間エネルギーを供給することが可能になります。
ジョギングをする女性
心肺機能がUPすると長時間エネルギーを供給することが可能になります。
心肺持久力はアスリートにとって良いパフォーマンスを維持するために必要ということは誰もが知るところですが、実は生活習慣病の発症と大きく関連しています。
全身持久力が同年代の平均よりも高い方は低い方に比べて生活習慣病のリスクが40%低いことが報告されています。
血圧計を使って血圧測定
2
生活習慣病の予防・改善
低酸素環境で運動をすると、血管が柔軟になり糖代謝がUPします。
これは高血圧・高血糖の予防・改善に繋がります。
また、低酸素環境で運動をすることにより成長ホルモンの分泌が高まるといわれています。
低酸素状態についてのグラフ
成長ホルモンは身体の成長を促すだけでなく、血糖値を正常に保ったり、血圧を下げたり、代謝をコントロールする作用があります。
自らの頬に触れる女性
3
アンチエイジング
低酸素環境で運動をすると、血管が若返り(柔らかくなり)ます。
血管が若返ると細胞に必要な栄養や酸素が行き届き新陳代謝も活発になります。
顕微鏡で拡大されたミトコンドリア
また、細胞のエネルギー工場と言われるミトコンドリアも活性化します。
活性化することで代謝がUP!また、活性化すると傷んだミトコンドリアを処理・再生させて良い質で保とうとします!細胞からアンチエイジング!

ADVANTAGE

低酸素トレーニングの利点

1
低強度のトレーニングでもOK

運動による効果を効率よく得るためには、「ややきつい」と感じる運動が望ましいとされます。一方で体力に自信がない方は腰や膝を痛めるリスクがあります。低酸素環境では運動に「低酸素」という環境による負荷が加わるので低強度でも十分に負荷をかけることが可能です。

2
故障リスクの軽減

低酸素環境は心肺機能に対する強い負荷をかけやすい環境です。同じトレーニングを行ってもより大きな負荷がかかります。反面、短い時間であったり運動強度を下げても負荷がかかります。これにより筋肉や関節にかかる負荷を軽減することができます。

3
短時間だから続けられる

高負荷がかかる低酸素トレーニングは1回のトレーニング時間を慣らし5分、トレーニング30分、クールダウン10分、合計45分で行います。これでも十分に身体に負荷はかかります。短時間で良いので、時間を作りやすく、続けやすいというのが特徴です。

お電話
お問い合わせ
体験
体験予約
会員ページ
会員ログイン
トップへ